メイク初心者向けの基礎講座

アイシャドウの使い方


アイシャドウの使い方

チーク

大きく印象的な目になるには、アイシャドウを使いこなしましょう。アイシャドウを使いこなせば、なりたい顔になることができます。アイメイクで表情は大きく変わります。

アイシャドウは、アイメイクの中でも使いやすいアイテム。まずは単色タイプから始めて、慣れてきたらパレットタイプにチャレンジしてみましょう。

アイシャドウの簡単な塗り方

メイクに慣れていないなら、まずは2色から始めてみましょう。

アイシャドウの簡単な塗り方
①明るめ色をまぶたの下の涙袋に塗る
②暗め色をまぶたの上のアイホール(凹み)に塗る
③上まぶたを指で軽く擦ってなじませたら完了

涙袋にハイライトを入れることで、目を大きく見せることができます。目のツヤ感も増します。

アイシャドウで目を立体的に見せる塗り方

アイシャドウの簡単な塗り方
①ハイライトをアイホール~眉毛の下まで塗ります
②アイホールに少し濃いめの色を塗ります。目の中央から外側へ塗ることで、目の中央の色が濃くなり、デカ目効果があります。
③アイホールの黒目幅に濃い目の色を塗り、外側へ流す。瞳のラインがスッキリ通り、目を大きく見せることができます。
④アイブローペンシルで涙袋を書きます。笑顔を作り、目の下のくぼんだところが涙袋のライン。ただし、濃すぎるとクマに見えるので、気をつけて自然な感じに書きましょう。涙袋を書くと、目が大きく華やかに見えます。

アイシャドウの選び方

チーク

アイシャドウを選ぶときは、まず、ブラウン系を選びましょう。ブラウン系は、どんな色にも合います。かわいい系、美人系のメイクのどちらにも使えて便利です。

また、テスターでしっかり発色を確認すること。実際に甲に塗ってみましょう。アイシャドウによっては、見た目より全然色が薄い、なんてものもあります。発色が悪いアイシャドウを使っても、思い通りの仕上がりにはできません。

簡単アイメイクにするなら、アイシャドウは2色入ったもの、しっかりメイクをするなら、複数の色がひとつになったパレットタイプのアイシャドウがおすすめです。相性が良い色がセットになっているので、使いやすいです。

使い方に迷ったら、アイシャドウの説明書を読んだり(使い方が書いてあることが多い)、店員さんに聞いてみたりすることもできます。

アイシャドウは数え切れないほどいろんな色があるので、試していく中で、自分に合う色や色の使い方がわかってきます。中身の入れ替えができるパレットタイプのアイシャドウなら、自分オリジナルの色の組み合わせを作ることができて楽しいです。

アイシャドウは、100~10,000円のものなど、値段に幅があります。安いものは、発色が悪い傾向があります。

服装や季節によってアイシャドウを選べば、飽きがこず、気分転換になります。