メイク初心者向けの基礎講座

コンシーラーの使い方


コンシーラーの使い方

コンシーラー

目立つニキビやシミ、クマを自然に隠せたら、うれしいですよね。隠したいと思えば思うほど、気になるものです。

これらを全て治すことは難しいです。しかし、メイクの力を借りれば、これらを上手く隠すことができます。

コンシーラーの選び方

肌の悩みを隠すには、カバー力の強いスティックタイプのコンシーラーを選びましょう。確実に消したいポイントには、かためのコンシーラー、広い範囲に使いたいときは柔らかめのコンシーラーが良いようです。

スティックタイプのコンシーラーは伸ばしにくいため、目元への使用は不向き。乾燥しやすく、なじみにくいです。

筆タイプのコンシーラーは、スティックタイプに比べるとカバー不足。人気があるコンシーラーですが、ハイライトとして目元などに使うのがおすすめです。

リキッドやクリームタイプのコンシーラーは、薄いシミに向いています。伸びが良く、カバー力は低いですが扱いやすいです。脂分が気になるなら、フェイスパウダーを筆やパフで押えるように塗りましょう。パウダーが油分を吸収し、メイク崩れを防いでくれます。

ちなみに、私は、コーセーのコンシーラーを愛用しています。カバー力があり、コスパ抜群です!気になる人は、コーセーの公式サイトでチェックしてみて下さい。

コンシーラーは、自分の肌とシミの中間の色が最も合っています。明るすぎるトーンでは、肌から浮きやすく、シミに塗ってもシミの色が透けてカバーしきれません。シミと同じ色では、コンシーラーを使う意味がありません。もともとの肌から浮きにくく、シミをカバーしつつ馴染みやすい中間色を選びましょう。

シミによっては、中間色よりワントーン落とした色を使うこともあります。濃いシミは、中間色ではカバーしきれないことがあります。シミの色がいろいろある人は、パレットタイプのコンシーラーが重宝します。テクスチャーもほどよく、色を好きに混ぜ合わせて調整できます。

コンシーラーの塗り方

コンシーラー

コンシーラーは、パウダーファインデを使っている人はファンデの前、リキッド・クリームタイプのファインでを使っている人はファンデの後に使います。

コンシーラーでやってはいけないのは、コンシーラーを付けた後にぼかそうとすること。自然に見せようとコンシーラーをぼかしていくと、付けたコンシーラーが剥がれ、カバーしたい部分が結局は見えてしまいます。

コンシーラーは、綿棒などで境目だけをぼかすことがポイントです。カバーしたい部分より一回り大きくコンシーラーを塗り、境目だけをぼかします。コンシーラーの中心部を手やパフ、スポンジで擦ると、せっかくのコンシーラーが落ちてしまいます。コンシーラーは、境目だけをぼかしましょう。

コンシーラーを自然に仕上げるには、少しずつ塗り足していくこと。一気に濃く塗ろうとせず、重ね塗りをして、その都度、境目を馴染ませていきます。

最後にスポンジなどで肌を押えるようにファンデを塗ると、自然な肌に仕上がります。コンシーラーがべたつくときは、フェイスパウダーを塗っておくと良いです。ファイスパウダーでサラサラな状態にしておけば、その上からファンデを塗りやすくなります。

シミの濃さによって、コンシーラーの塗り方も工夫を。点状のシミやニキビは、コンシーラーを筆にとって塗ると、細かくキレイに仕上げることができます。

濃いシミを、しっかり隠したい場合は、そのまま直塗りした方がカバー力がアップします。

コンシーラーも上手く使えば、年々増えるシミをカバーでき、若々しい見た目に仕上げられます。シミを消すためのケアも大事ですが、シミを隠すためのテクニックも身につけることもおすすめです。