メイク初心者向けの基礎講座

日焼け止めの選び方、使い方


日焼け止めの選び方、使い方

日焼け止め

特に紫外線が強くなる夏は、日焼けが気になります。肌を紫外線から守るには、日焼け止めを塗るのが大切です。

日焼け止めは、夏だけでなく1年中必要とも言われるようになってきています。シミだらけの顔になるのは避けたいもの。

自分の肌や用途に合った日焼け止めを正しく塗りましょう。

SPFとPA

日焼け止め

日焼け止めに書いてある「SPF」と「PA」という表示。なんとなく、数字が高い方が効果がありそう…と思いますよね。

SPF30とかSPF50などの表記ってよく目にしますよね。数字が高い方がよく効く!ということはなんとなく知ってるけど、詳しい意味を知ってる人って少ないんじゃないでしょうか。

SPFとPAは、どれだけ紫外線をカットする力があるかを示しています。SPFは紫外線のB波、PAは紫外線のA波に対して、防ぐ力を示しています。

SPF

日本人がヒリヒリと痛む日焼けを起こすまで、約20分ほどかかるそうです。例えば、SPF2の2は、この時間を2倍にできることを示しています。

PA

A波は、肌の真相まで届き、シミやシワを引き起こす紫外線です。PAは、数字ではなく、「+」の数で、肌が黒くなる時間をどれくらい彦伸ばせるかを示しています。「+」ひとつにつき、引き延ばせる時間は2~4倍です。

数値が高ければ良い物ではない

SPFもPAも、数値が高いほど日焼けが起こる時間を延長する効果があります。しかし、数値が高いほど、肌に与える刺激も強くなります。

日焼け止めは、普段使いの物や海や山に行くときに付ける物など、使い分けましょう。

普段使いなら、SPFは20、PAは++くらいが目安。山や海に行くなら、SPFは30〜50、PAは+++を目安に選びましょう。

普段使いの日焼け止めは、Give&Giveの日焼け止めが肌にやさしくオススメです。

日焼け止めの成分

日焼け止めの成分は、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」です。

紫外線吸収剤は、紫外線対策の面では良いですが、肌に負担を与えます。紫外線吸収剤の効果は、紫外線を吸収して熱エネルギーに変えるというもの。このような化学変化を肌の上で起こすため、肌にとっては負担になります。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、紫外線をはね返す効果があります。金属の酸化物である酸化亜鉛、酸化チタン、カオリンなどの粘土質の粉が肌の上に膜を作り、紫外線を反射します。紫外線散乱剤は、肌への負担は比較的軽いです。しかし、肌が乾燥気味になったり、ぱさつきやすくなったりしやすいです。

敏感肌の人や普段使いの日焼け止めとしては、紫外線吸収剤が入っていないノンケミカルな物の方が良いです。

日焼け止めの選び方

クリーム・乳液タイプ

最も多い日焼け止めのタイプです。この日焼け止めは、紫外線錯乱剤のみが入っている物、紫外線吸収剤と紫外線錯乱剤の両方入っている物があります。

紫外線錯乱剤のみが入っている物は、白く浮きやすいですが、上からファンデを塗れば大丈夫。肌にやさしいので普段使いに適しています。

ローション・ジェルタイプ

ローションやジェルタイプは、サラサラした使い心地が特徴です。紫外線吸収剤が使用されているものが多く、敏感肌の人には向いていません。肌への負担が大きいです。

敏感肌の人や普段使いの日焼け止めとしては、紫外線吸収剤が入っていないノンケミカルな物の方が良いです。

日焼け止めの塗り方

日焼け止め

日焼け止めは、基本的には乳液とメイク下地の間で塗ります。メイク下地は、ファンデのノリをよくするためのもの。そのため、日焼け止めはメイク下地より前に塗ります。

日焼け止めは、たっぷり塗りましょう。500円玉大を顔全体にのばします。そして、軽くティッシュオフ!

日焼け止めによっては、メイク下地も兼ねているものがあります。この場合は、メイク下地は省略しても良いでしょう。

メイク直しのときも日焼け止めを使おう

メイクをしてから長時間経ったり、汗をかいたりしたときは、メイク直しはしますよね。そのとき、日焼け止めも忘れずに。

スプレータイプやパウダータイプの日焼け止めを使うとラクです。

スプレータイプ

まず、余分な皮脂をあぶらとり紙などでオフします。そして、ファンデを塗り、スプレータイプの日焼け止めを吹きかけます。気軽に日焼け対策ができるスプレータイプは、とても便利です。

ミストタイプのものもあるので、こちらも使いやすいです。

パウダータイプ

パウダータイプの日焼け止めも、メイク直しの仕上げに肌にオンします。肌がサラッとして、キレイに仕上がります。

日焼け止めを塗ったら、メイク落としはする?

メイクをした日は、必ずメイクを落とします。問題は、日焼け止めだけ塗って、メイクをしなかった日です。

まず、強力なウォータープルーフなどの日焼け止めを使ったら、必ずメイク落としは必要です。強力なタイプのクレンジングか専用のクレンジングを使って落としましょう。

軽めの日焼け止めなら洗顔料だけでも良い場合もあります。しかし、そのような表記がない場合は、メイク落としを使ってしっかり落とした方が肌に良いです。

日焼け止めをオフした肌は、スキンケアを忘れずに行いましょう。肌を健康な状態に整えることも、紫外線対策のひとつです。