メイク初心者向けの基礎講座

化粧水の正しい使い方


化粧水の正しい使い方

化粧水

お肌に潤いを与えると、美しい肌になることができます。しっとりとツヤがあり、もちもちとしたお肌は、とても美しいです。

お肌に潤いを与えるのが、化粧水です。効果的な化粧水の使い方は、重ねづけすることです。今回は、化粧水の正しい使い方を紹介していきます。

化粧水の役割

洗顔後の肌は、グングン乾燥していきます。化粧水の役割は、肌に水分を与えることです。化粧水の成分は、水分が主です。グリセリンやエモリエント剤の働きで、肌に潤いを与えます。

また、化粧水を塗ると、乳液やクリームが浸透しやすい状態になります。化粧水が肌の角質層に入ると、肌が柔らかくなり、乳液やクリームが浸透しやすくなります。

化粧水で潤った角質は、余分な皮脂を分泌しなくて良くなり、毛穴が引き締まります。すると、phは弱酸性を維持し、調子の良い肌になります。

化粧水は、洗顔後、水分をタオルで吸い取ったらすぐに付けましょう。タイミングを逃すと、化粧水が肌に入って行きにくくなります。化粧水は、基本的には500円硬貨大を塗るのが目安です。

化粧水の付け方

化粧水

化粧水を手で温める

化粧水は、洗顔後すぐに使います。1回の使用量の半分ほどの化粧水を手のひらで温めた後、手全体に広げ、顔にプレスするようにして肌に吸収させます。このとき、顔をこするようにするのは、厳禁です。

その後、残りの化粧水を顔にハンドプレスしていきます。そして、乾燥しやすい口もと、目元に、さらに重ねづけすると効果的です。鼻や口元、目尻など、凹んでいるところは指の腹を使ってしっかり塗りましょう。

化粧水をジャブジャブと一度に大量に塗っても、乾燥していくだけで肌に吸収されません。顔に軽く押さえながら重ねづけをして、肌に化粧水が残っている感じがしなくなるまで、しっかり肌に入れ込みましょう。

手のひらを顔にペタッと押しつけ、肌が付いてくるように仕上がっている状態が目安です。

コットンで付ける方法

化粧水をコットンでパッティングする方法もあります。コットンでパッティングすれば、化粧水の肌への浸透性が高まります。毛穴も引き締まり、キレイな肌になります。

コットンは、毛羽立たないものを使ってください。肌に摩擦を与えてはいけません。また、肌が赤くなるほど力を入れて叩くのもダメです。

化粧水は、コットン全体にしっかり付けます。そして、コットンを顔に当て、内側から外側へやさしく滑らせます。それを繰り返し、頬、おでこ、鼻やアゴ、まぶたのお手入れを行います。

化粧水をしっかり肌に浸透させるには、丁寧にお手入れすることが大切です。少し毎日のケアを変えるだけ。自分の肌を美しく育てるつもりで、面倒くさがらずに行ってください♪

化粧水をただ塗っただけでは、お肌は潤いません。化粧水を正しく使用すれば、高額な美容液が必要なくなるほど、お肌を美しく保つことができます。しっかり重ねづけをして、化粧水の効果を引き出しましょう。