メイク初心者向けの基礎講座

目力をアップさせるマスカラの使い方


目力をアップさせるマスカラの使い方

マスカラ

目力をアップさせるため、マスカラは欠かせないアイテムです。

マスカラは、まつ毛に直接塗って使います。すると、まつ毛を長く太くフサフサに見せてくれる上、カールもキープしてくれます。

しかし、マスカラは使い慣れないと、上手く塗るのは難しいです。目元のメイクだけに、失敗したら目立ちます。しっかり塗れたと思っても、午後からパンダ目になっていることも…。

マスカラは高めなだけに、しっかり使いこなせないのでは損です。そこで、マスカラの使い方をまとめました。

マスカラの種類

マスカラには、ファイバー入りで目を長く太く見せるタイプのもの、ウォータープルーフのもの、カールを長持ちさせるもの、パンダ目防止効果の強い物、専用のクレンジングなしでお風呂で簡単に落とせるタイプのものなど、いろいろあります。

マスカラの効果を倍増させるマスカラ下地もあります。マスカラ下地を塗ることで、まつ毛をより太く長くボリューミーに見せることができます。

私が試したマスカラの中では、ヘレナルビンスタインのマスカラが一番目力をアップできました。

マスカラを塗る前の下準備

マスカラを塗る前に、ビューラーは欠かせません。ビューラーでキレイなカールを作りましょう。

塗っただけでまつ毛が上向きになるマスカラも売っていますが、ビューラーでしっかり整えるのが一番です。

ビューラーを使うときは、力加減がポイントです。根元からグッと力を入れてしまうと、カキーン!とまつ毛が曲がって不自然な感じになってしまいます。

自然なカーブのまつ毛にするには、根元はやさしめに当て、根元に行くにしたがって力を強めていきましょう。

ホットビューラーを使えば、簡単。パンダ目になるのも防いでくれます。ホットビューラーの代用としては、普通のビューラーをドライヤーで温めて使う方法があります。やけど防止のため、ドライヤーを当てるのは最長でも5秒程度にしてください。

ビューラーの基本的な使い方
①アゴを少し上げ、視線は下向きにします。
②ビューラーをまつ毛の根元に当て、少しずつずらしながら挟み、カールを付けます。

マスカラの使い方

いよいよ本題のマスカラの使い方です。マスカラを塗った後だと、まつ毛がアイライン・アイシャドウをするジャマになるので、他のアイメイクは先に済ませておいてください。

マスカラの基本的な使い方
①容器の口でマスカラを2、3回しごきます。特に先端のマスカラは落としておきます。
②まつ毛の根元にマスカラのブラシを当て、ジグザグと左右に小刻みに揺らしながら先端に向けてずらしていきます。
③まつ毛は、目の中央と目頭、目尻に分けて塗ると、やりやすいです。目尻の端は、ブラシの端を使って塗るとキレイに塗れます。
④まつ毛の先まできたら、スッとブラシを抜きます。
⑤下のまつ毛は、ブラシを縦にして塗っていきます。下まつ毛までしっかり塗ることで、目力がアップします。

マスカラを塗るコツは、ジグザグとブラシを動かして、根元から中間にかけてマスカラの繊維を絡ませるようにしっかり塗ることです。

最後の仕上げに、マスカラコームで梳かせば、キレイなセパレートのまつ毛にすることができます。

目元についたマスカラは、乾くのを待って、綿棒やティッシュで落とします。乾いていないうちに触ると、マスカラが伸びて汚くなってしまいます。

ワンポイント・アドバイス

目元を立体的に、やさしいタレ目風に見せたいなら、目尻に多めにマスカラを塗りましょう。パッチリとしたかわいい目元にしたいなら、目頭側にマスカラをたっぷり塗りましょう。

悩み別の塗り方

マスカラは、使いこなせれば、目力をアップさせる最強のアイテムです。マスカラだけで、顔の印象が大きく変わります。

ビューラーでしっかりカールを付け、上まつ毛は3パーツに分けて、下まつ毛はブラシを縦に持って塗れば、キレイに塗ることができます!