メイク初心者向けの基礎講座

ニキビを最速で治すために良い方法とは


ニキビを最速で治すために良い方法とは

チーク

毎日気を付けているのに、ニキビができるとガッカリですよね。ニキビを早く治すため、正しいケアを紹介します。

大人ニキビは複雑

思春期のニキビは、過剰な皮脂の分泌でできます。大人ニキビは、不規則な生活やストレス、食生活の乱れ、正しくないスキンケア、タバコなど、原因を特定できないことが多いです。

大人ニキビの原因は複雑。しかし、症状としては、毛穴に溜まった皮脂が酸化したり、それがもとで炎症を起こしたりしています。

ニキビを治すには?

チーク

ニキビを1日で治すことはできません。しかし、1週間で治すことはできます。

ニキビを放置しておくと、痕が残る可能性が高まります。ニキビは、できるだけ早く治すことが大切です。

大人ニキビは、多面的な方法で治しましょう。

睡眠

睡眠不足は、全内臓の機能が低下した状態。とはいえ、仕事が忙しいと十分な睡眠時間をとることは難しいです。

お肌の再生能力を高めるには、遅くとも0時前には就寝し、7時間は眠るようにすると良いです。できれば、22時には、ぐっすり眠っている状態であればベスト。22~0時の間は、肌の修復力が高い成長ホルモンの分泌が盛んです。

パジャマは柔らかい気持ちの良い素材のものを選び、軽くストレッチすると寝付きやすくなります。

北枕で眠るのも良いです。心身が最も安定する方角といわれています。

たかが睡眠と思っても、睡眠不足はお肌の大敵。特別なケアではないですが、睡眠時間はたっぷりとりましょう。

洗顔

1日に頻繁な洗顔は、肌の乾燥を悪化させ、ニキビの症状を余計に悪くさせてしまいます。

ニキビケアのためでも、洗顔は朝晩の2回で十分です。肌にやさしい低刺激の洗顔フォームを使って、お肌を清潔にし、アクネ菌の増殖を防ぎましょう。

保湿

ニキビケアには、肌を柔らかくさせるローションパックが効果的。ニキビの芯が早く取れます。

ニキビができていると、肌がオイリーになるのを敬遠して、乳液を使うのをためらいがちです。乳液の塗りすぎは良くありませんが、全く塗らないのも良くありません。かえって、ニキビを作る原因を作ります。肌が乾燥して、余計に皮脂がでてきてしまいます。

そのため、肌のうるおいは大切です。保湿ケアはしっかりしておきましょう。

血液の浄化

ニキビは、血の毒素があらわれているものと捉えることもできます。ドロドロとした血がニキビの原因になることもあります。

血をサラサラにするには、ぬるま湯で体をしっかり温めること。38~40℃のお湯にゆったり浸かりましょう。

血をキレイにするのに、有酸素運動も効果的。有酸素運動は、10分以上が目安です。血のめぐりを良くして、毒素の排泄を高めます。

食事

ニキビケアに食事は大切です。

ビタミン類やタンパク質は、肌のターンオーバーや修復力を高めます。ビタミン類を摂るには、色の濃い野菜を意識的に食べましょう。肉、魚、乳製品は、タンパク質が豊富に含んでいます。

食物繊維をたくさん含む、ごぼう、しそ、パセリ、納豆、アボガド、インゲン豆などを食べるのもおすすめです。

ニキビケアに良くないのは、胃腸に負担をかける油やコーヒーなどのカフェインを含むもの、冷たいものです。できれば、これらは控えた方がよいです。

しかし、我慢のし過ぎはかえってストレスのもとです。どうしても食べたいなら、食べる頻度と量の条件をしっかり決めること。ダラダラと無制限に食べないようにしましょう。

これらの方法を取り入れれば、ニキビが長期間続いて痕が残ることもなくなります。ニキビケアは、化粧品などの外側からのアプローチも大切ですが、肌の内側からのケアも大切。食事や睡眠などの生活習慣の改善に気を付ければ、どんな高級な化粧品にも劣らない効果が期待できます。