メイク初心者向けの基礎講座

乳液は正しく使うことが大切


乳液は正しく使うことが大切

乳液

肌の乾燥、気になりませんか?毎日丹念に、化粧水、乳液を塗ってるのに。正しい方法で効果的にスキンケアすることは、乾燥肌にとって重要です。

今回は、乳液の正しい使い方について紹介していきたいと思います。

乳液とは

乳液は、化粧品とお互いに補いあって、肌を保湿します。化粧水は、水溶性の保湿成分で肌に潤いを与えます。乳液は、油性の保湿成分で肌に潤いを与えます。

よく、乳液は、化粧水が肌から蒸発しないようにフタをする役割をしているといいますよね。乳液には15~20%ほどの油分が入っていて、肌の表面に膜を張り、化粧水を閉じ込めることで保湿の役割を果たします。

乳液は、化粧水や美容液を塗った後に塗るのが普通です。また、乳液は、肌にとってバリアの機能も果たします。肌を外部からの様々な刺激から守ります。この他、乳液の中には、化粧下地や日焼け止めの機能をもつものもあります。

乳液の種類

保湿乳液

保湿乳液は、最も一般的な乳液です。保湿成分のみを含んでいます。お風呂上がりに使うのがオススメ。日焼け止めや化粧下地と組み合わせて使えば、朝、メイク前に使うのもOKです。

ティント乳液

これは、化粧下地の機能もある乳液です。化粧下地を塗る手間がないので、一度試してみて欲しい商品です。

乳液の選び方

敏感肌の人は、無添加の肌にやさしい乳液を選びましょう。かぶれや赤みの原因になりやすい着色料やアルコール、鉱物油などを使っていないものを選ぶことがポイントです。

乾燥肌の人は、保湿成分であるセラミドなどを含む乳液が良いです。セラミドは、保湿効果がとても高いです。もともと肌の中にある成分なので、肌にやさしく、馴染みやすいです。

オイリー肌の人は、サラッとした着け心地の油分控えめのものを選びましょう。

乳液を塗るタイミング

乳液は、化粧水を塗って、しばらくおいてから塗りましょう。2~3分待ってください。洗顔後、直ちに化粧水を塗り、2~3分置いてから乳液を塗りましょう。長時間、化粧水を塗ってから放っておくのは止めてくださいね。

乳液の塗り方

手で塗る場合

クリームタイプの乳液は、手で塗りましょう。乳液は、10円玉サイズを目安に手に取り、まず、手のひらで包み込んで温めてから使います。

そして、額、頬、アゴの3ポイントにのせ、顔の内側から外側に伸ばしていきます。乾燥しやすい人は、目元など、乾燥が気になるところに重ね塗りをしても良いです。

油が浮きやすいおでこや鼻、アゴの乳液は、控えめにしましょう。また、爪で肌を傷つけないように気をつけて塗りましょう。

コットンを使う場合

サラサラした乳液の場合、コットンを使って塗ります。コットンを使えば、乳液をお肌全体にムラなく行き渡らせることができます。

しかし、敏感肌の人には、コットンの使用は向いていません。コットンを使う場合でも、肌に刺激を与えないよう、やさしく塗るようにしましょう。ゴシゴシと力をいれすぎると、肌を傷つけ、赤みやシミ、くすみを引き起こすことがあります。

乳液は化粧品とセットで使い、肌の保湿に心がけましょう。用途や肌質に合わせて乳液を選び、正しい使い方をすることが大切です。