メイク初心者向けの基礎講座

洗顔でスキンケア


洗顔でスキンケア

コンシーラー

洗顔も、誤った方法ですると肌に悪影響を与えます。洗顔が乾燥肌やシミ、シワを引き起こすこともあります。

洗顔で肌を美しくすることは、十分に可能です。高価な洗顔料を使えば良いわけではありません。正しい洗い方をすることが大切です。

正しい洗顔をマスターしましょう。

正しい洗顔の方法

クリームチーク
①手を洗う
②ぬるま湯で軽く顔を濡らす
③ネットなどを使って、おにぎり大を目安にたっぷり洗顔料を泡立てる。
④Tゾーンに泡をのせ、コロコロ泡を転がすように洗う。たっぷりの泡で包むように。
⑤頬に泡をつけ、同じようにして洗う
⑥ぬるま湯でやさしくすすぐ。髪の生え際などに泡を残さないように

洗顔後は、柔らかいタオルでやさしく水分を吸い取りましょう。

洗顔の注意点

ぬるま湯を使う

洗顔はぬるま湯でしましょう。水が冷たいと、毛穴が閉じてしまい、毛穴の中の汚れを十分に落とせません。とはいえ、熱すぎるお湯で洗うのも、肌を傷めてしまうので良くありません。

擦らない

洗顔や拭き取りのとき、顔を擦ってはダメ。刺激が原因でシミになることがあります。とにかくやさしくして刺激を与えないことが大切です。

特に、皮膚が薄い目元や口元はやさしくしましょう。

洗顔は1日2回まで

また、1日に何回も洗顔をするのもダメ。夏や梅雨の肌のべたつきが気になるときでも、洗顔のしすぎは良くありません。

洗顔することで顔の油分を過剰に失い、乾燥肌になってしまいます。あまり洗顔を長くしているのも、必要な油分まで落としてしまうので、やめましょう。洗顔は、1~2分以内が目安です。

洗顔料の選び方

洗顔料は、肌に合ったものを選びましょう。

強力な洗顔料は控える

いくらオイリー肌の人でも、合成界面活性剤が多く入っているような洗顔料を使うのは、かえって症状を悪化させる恐れがあります。

強力な洗顔料で洗い続けていると、顔の油分を過剰に取り除き、乾燥肌になったり、肌の乾燥を防ごうとして皮脂の分泌が盛んになるなどの悪化に陥る可能性があります。

強力な洗顔料は使わないようにしましょう。

肌に優しい洗顔料を選ぶ

洗顔料の中には、スクラブ入りのものや着色料、香料が入っているものがあります。これらは、肌に刺激になります。乾燥し、肌が敏感になっている人は、なるべく無添加な洗顔料を選びましょう。

洗顔石鹸

肌への刺激が少ないのは「洗顔石鹸」です。洗顔石鹸は、天然成分。肌にやさしく、皮脂を適度に落とします。

石鹸で洗うと、肌が弱酸性の状態からアルカリ性に変化します。すると、つっぱり感が気になる人もいます。しかし、心配は不要です。肌は自然にもとの弱酸性にもどり、つっぱり感もなくなります。

高価な化粧品を使わなくても、洗顔ひとつで、肌を美しく変えることはできます。毎日ちょっと気をつけるだけで、肌を健康なつやつやした状態に整えることができます。スキンケアとして、正しい洗顔を取り入れてみて下さい。