メイク初心者向けの基礎講座

メイク下地は必要?その選び方、使い方


メイク下地は必要?その選び方、使い方

メイク下地

メイク下地は、ファンデのノリを高める不可欠なもの。下地が整っていないと、メイクもキレイにのりません。

メイク下地は、自分の肌に合わせて選ぶことが大切です。肌が乾燥する、ファンデがうまくのらない…などの悩みを解決します!

メイク下地は、ファンデーションの崩れやよれを防ぎ、肌をメイクの刺激から守ります。ファンデを肌にしっかりなじませ、ツヤツヤとした肌にみせてくれます。

メイク下地を使うメリット

使うチークによって、印象が変わります。好みのものを選びましょう。

メイク下地をおろそかにしている人もいるかもしれません。しかし、メイクした時には、様々なメリットがあります。

≪メイク下地を使うメリット≫
・肌を乾燥や紫外線などから守る
・ファンデのフィット感を高める
・ファンデが毛穴に詰まるのを防ぐ
・毛穴やニキビの痕、シミをカバーし、キレイな肌に整える
・洗顔のとき、メイクを落としやすくする

メイク下地の選び方

肌を守る機能がある下地

基礎化粧品タイプやUVベースのメイク下地には、紫外線などの刺激から肌を守る機能がプラスされています。

日焼けをしたくない人に、UVベースの下地は便利。最近では、天然の原料、ナノ化原料、指定原料無添加のものなど、肌にやさしいものが増えています。

基礎化粧品タイプの下地には、大きく分けて2種類あります。肌を外部の刺激から守りたい場合は、肌の保湿力に優れ、肌に油のバリアを作るタイプの物を選びましょう。

ファンデ崩れを防止するタイプのものは、選ばないで下さい。このタイプの下地は、肌の表面をサラッとするため、皮脂を吸着する効果があります。肌の乾燥が進み、外部の刺激を受けやすくなるかもしれません。

美容効果のある下地

肌の乾燥が気になる人は、美容オイルがプラスされた下地を選ぶと良いです。乾燥が気になる目の下などに、ごく少量塗ってみましょう。多く塗りすぎるのには、気をつけてください。メイクが崩れやすくなります。

美容オイルがプラスされた下地には、クリームタイプのものが多いです。日中、肌の乾燥が気になったり、乾燥して粉が吹いたりする人は、クリームタイプのもの、美容オイルを含む物を選んでみてください。

カバー力がある下地

毛穴やニキビの痕、シミなどが気になる人は、カバー力のある下地がおすすめです。このタイプの下地もクリームタイプのものが多いです。

気になる部分を隠そうとして、塗りすぎないようにしてください。

肌の悩みに合せて、色を選ぶと良いです。

イエロー
黄色人種の日本人に使いやすい色です。シミやくすみが気になるなら、黄色みが強いイエロー、シワや薄いクマが気になる人は白っぽいイエローのものがオススメです。

ピンク
自然で血色の良い肌にしたいなら、ピンクを使うと良いです。

パープル
肌のくすみや赤みが気になる場合、落ち着いた肌の見た目にしたいときは、パープルがオススメです。肌を白く、スッキリ見せる効果があります。広範囲に使うと、白く浮いた肌になるので要注意です。

グリーン
赤みが気になるときにオススメです。肌の炎症やニキビなどの赤みが気になる人はグリーンを最適です。広範囲に使うと、白浮きしやすいです。

カラーコントロールのためにメイク下地を使うときは、気になる部分に指で少量のせます。そして、ポンポンと軽くたたき込み、馴染ませます。

そうすれば、見違えるほどキレイな肌に整えることができます。ぜひ、取り入れてみてください。

また、細かい粒子で光を反射させ、毛穴を目立たなくさせるタイプの物もあります。このタイプは皮脂を吸着させるものが多く、乾燥肌の人は気をつけて下さい。

オイリー肌が気になる人向けの下地

皮脂が気になり、メイクがよれやすい人は、サラッとした使い心地のリキッドタイプの下地がおすすめです。クリームタイプの物よりサッパリしています。

ムースタイプのものもサラッとしていて、べたつきにくいので、メイク崩れが気になる人におすすめです。

メイク下地の使い方

メイク下地

メイク下地は、正しい使い方をしましょう。

①おでこ、鼻筋、アゴ、頬にのせる
②顔の外側に向かって、全体に薄く均一に伸ばす

メイク下地の使い方で、肌の仕上がり具合が決まります。ムラなく、しっかり伸ばしましょう。

また、メイク下地の塗りすぎはNGです。ベタベタと塗りすぎるのは、角質層にも良くありません。メイク下地は、ごく少量で良いです。塗るときに、スルーっと肌に馴染むくらいより、少し肌との摩擦を感じるくらいが適量です。ただ、肌を擦らないようにしてください。

塗りすぎてしまった場合、ティッシュオフはできるだけしないでください。せっかくの潤いが吸収されてしまいます。時間があれば、肌が落ち着くまで待ちましょう。

そして、日焼け止め、ファンデーションの順で塗ります。日焼け止めも、少量を薄く塗ります。塗りすぎると、肌が乾燥しやすくなります。

ファンデーションも兼ねた下地

BBクリームやCCクリームは、ファンデーションと一体化した下地です。

BBクリームは、ファンデーションに保湿・美容成分をプラスしたものです。CCクリームは、その逆。保湿・美容成分にファンデーションをプラスしたものです。

これらは、とても便利ですが、ファンデーションが肌に直接触れるのが気になるなら、肌を守る機能ある下地を先に肌に塗っておきましょう。

CCクリームは、BBクリームより肌にやさしいですが、カバー力は弱いです。

肌のことを思えば、肌を守るタイプの下地を塗り、肌の悩みをカバーする下地をポイント使いして、日焼け止めを塗り、BBクリーム、CCクリーム、ファンデーションなどを塗っていくと良いです。

自分の肌にしっかり合った下地を選べば、ワンランク上の美人肌になれます。下地だから、とおろそかにせず、自分の肌に合ったものを選んで下さい!